横浜で選ばれるメンズブライダルエステ サロンTOP3の詳細

> 横浜で選ばれるメンズブライダルエステ サロンTOP3

横浜で選ばれるメンズブライダルエステ サロンTOP3

メンズブライダルエステの時代到来
ひと昔前では、結婚式を迎えた男性は、結婚式の2−3日前に理髪店に行き、散髪をしてもらい、髭をそってもらい、暑いタオルと美顔マッサージで式を迎えるというのがひとつの流れでした。しかし、最近では女性と同様にヘアサロンに行き、パーマをかけ、毛染めをする男性も増えてきています。昔は髭剃り後のシェービングローションが男性化粧品でしたが、最近では、男性用のファンデーションや口紅も販売されています。

結婚式の主人公は花嫁さんであった時代は過ぎ去り、結婚式は新郎新婦の表現の場になってきているといえます。結婚式に向けて女性がブライダルエステするように、男性もブライダルエステをしてもおかしくない時代です。男性が着る衣装の色も昔は、花嫁のウェディングドレスが白なので、それを引き立たせるような色の礼服を男性は選んでいましたが、現在では、お二人の好まれる色で結婚式を彩られることが大切になっています。男性もご自身の晴れの舞台に備えて、シルエットを気にしたり、肌の調子を気にしたりし、エステに通う時代になりました。

男性専門のブライダルエステもありますが、女性と一緒にエステを受けられるケースも多くみられます。エステにはいろいろな意味があります。勿論、エステで肌の調子を整えたり、シルエットを整えたりする目的はあります。それと同時に仕事と結婚式の準備と忙しい合間に、ゆったりとした時間を設けるという意味もあります。お二人でともに、ゆったりとした時間の中で、ボディトリートメントやフェイシャルトリートメントを受けることでこころに余裕をもつことも大切なお二人の時間です。女性はブライダルエステでウェディングドレスが一番美しく見えるシルエットに近づけるために痩身をしたり、二の腕や背中のケアを行います。

男性は、顔の毛穴ケアを行ったり、脱毛等を行ったりします。髭が濃い男性になると、朝髭剃りをしても、披露宴の時にはうっすら髭面になってしまう方もいます。友達からのシャッターチャンスの時には、うっすら髭面になってしまうのです。それは避けたいものです。また、男性はどうしても脂性の方が多いので、テカテカのお顔で式に臨むのも避けたいものです。顔のマッサージで脂性の皮膚に対してアプローチしてもらいます。また、式の当日に疲れた顔を見せないためにも、血色よくするためにマッサージする人もいます。

そんな人気の高まるメンズブライダルエステの横浜おすすめ店をご紹介します。
第1位 ブライダルエステ専門店 美4サロン 横浜店
ブライダルエステとして、ブライダルを控えている方に対する専門エステが好評です。女性に対しては、二の腕や背中中心のエステを行っています。花嫁、花婿カップルのエステセットも展開しています。男性に対しては爽やか!毛穴&小顔ケアを行っています。その内容としては、クレンジング・ウォッシング・経絡顔筋マッサージ(ヘッド&フェイス)・肌別マスク・鼻パック・バイオニックセルサなどです。その他にリフレッシュ毛穴&疲労回復ケアがあり、その内容としてはクレンジング・ウォッシング・フェイシャルマッサージ・肌別マスク・バイオニックセルサー・スケーリング・ハンドマッサージがあります。新郎と新婦で必要なコースの選択ができます。

第2位 ブライダルエステ専門店 ナイスレポンド 茅ヶ崎
男性専用のフロアーがあります。頭皮マッサージを行い、小顔エステなどをおこなっています。内容としては肌質・肌状態・体調・メンタルなどのカウンセリングや、
フェイシャルクレンジングで角質除去し、海洋深層水で優しくスッキリ汚れを除去します。次にフェイシャルマッサージでむくみ、くすみもスッキリします。フェイシャルパックを行います。45分全コースです。

第3位 ブライダルサロン メイプル
男性用のフェイシャルマッサージを行っています。内容的にはカウンセリング 、お顔クレンジング・クレイ洗顔 、3ステップ毛穴吸引 、お顔のそり、眉カット、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容液導入 、お顔アロマオイルマッサージ 、お顔贅沢Wパック 、リップ、ネック、目元、毛穴ケアパック、そしてヘッドマッサージの仕上げを行います。また、ここではカップルで一日集中プランを行っています。新郎、新婦のカップルでご一緒にトリートメントを受けていただきます。また、新婦と母親のカップルでも大丈夫です。お肌のトリートメントを行っていただき、くすみやむくみのない肌で結婚式を迎えていただきます。

結婚式を迎えるにあたり
男性がブライダルエステを受ける意味は式を素敵に演出したいという理由が大きいですが、エステをうけることで心の余裕をもつことが大切ではないでしょうか。男性には「無事になんら支障もなく結婚式を終了させる」という義務感が誰よりも強くのしかかってきます。ただ義務感だけで終了するのなら、結婚式はつらいものです。せっかくのお式を充実させるためにも、ゆったりとした空間と時間が必要ではないでしょうか。